まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1

沖縄-02 読谷村、日没前1



沖縄の日没は東京より遅いのを実感

日の出は1時間程沖縄の方が遅く
日の入りも40分程沖縄の方が遅い
なるほど、40分の違いでも、
仕事仕舞って撮り歩くにはメリット多し



暮れゆく海辺にて



まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21044489.jpg




まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21050743.jpg



まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21050373.jpg


まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21054360.jpg





まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21060822.jpg




まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21055929.jpg





まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21064796.jpg



まゝに/4月の散策/沖縄-02/読谷村、日没前1_d0342426_21064721.jpg





Continue







Commented by zbjsower at 2018-04-02 07:36
春の沖縄いいですねぇ・・・
私は沖縄には一度も行った事がありません。
もう、この時期で海で泳げるのですねぇ。
いつもながら透明感に溢れる写真に癒されました。

それにしても・・・リングの不具合。
あんな風になるのですね。
DPPで現像すると直るのですか。

私もせっかくのEFレンズ。
その性能を発揮させるにはDPP・・・とは分かってはいるのですが、どうもライトルームに慣れてしまうと、なかなか乗り変えられません;;
少しずつでも使って行くようにした方がいいのかなあ・・・
Commented by gekko_skul at 2018-04-02 08:32
Hideさん、おはようございます
DPPも4へと進化して良くなりました、私はRAW撮影、DPP現像PS微調整という手順を踏んでますが、DPP4でしか出来ない事があるので無くてはならないソフトです

リング状の光輪や周辺のブラックアウトは、5Dmk4使用時にシグマの一部のレンズを使用した場合のみ発生しEFでは出た記憶がありません。
手元にあるものでは180マクロ、85A.50Aは明るい状態の時に135は時々です、12-24.12-35.24はおそらくなった事が無く、DPP読み込み時にレンズメーカーと型番が正確に出るので、既に対応されている気がします。
シグマはDPP対応を公式にアナウンスしたので、今後のレンズでは、この症状は減っていくと思います。
カメラ内レンズ補正を切るに設定しておけば問題は回避できますが、カメラ内レンズ補正を切るデメリットもあるので、入りで記録しています。

この症状はDPP4で読み込み明るさをスライドさせれば勝手に消えます。
私にとって不便なのは、出先で現像せず直接wifiでスマホへ読み込む際で、この場合はDPPでRAW現像していないので回避出来ない事、なるべくリングを避けるべく中心部へとトリミングするので画角が半分程度に狭くなってしまう事でしょうか。

EF85f1.2などの古いレンズはDPP4のツールのDLOでかなり変わります、これはPSEでもPSでも出来ないので、5Dmk4の機能を使うにはDPPも使った方が良いと思います^^

Commented by rinkatuu at 2018-04-02 18:05
プロフにイイネありがとうございました^^
今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
Commented by gekko_skul at 2018-04-02 22:02
rinkatuuさん、こんばんは
いつも楽しく拝見させて頂いてます^^
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します
by gekko_skul | 2018-04-01 22:00 | ガーデニング | Comments(4)

時々の心のまゝに出かけて撮った写真をメインに載せてます。Thank you for coming to my blog. I am taking pictures with no principles, no category, going wherever my feelings leads as 4 seasons passsing by.


by Maru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30